Skip to main content Skip to docs navigation Bootstrap 4 (安定版) はこちらです

Display property (ディスプレイ)

Display を使用して、コンポーネントの表示を素早くレスポンシブに切り替えられます。よく使う値のサポートと、印刷用スタイルの制御が含まれています。

目次

How it works

ディスプレイクラスを使用して、コンポーネントの display プロパティ を素早くレスポンシブに切り替えられます。よく使うプロパティのサポートと、印刷スタイルを制御する追加機能が含まれています。

Notation

xs から xxl までのすべての breakpoints (ブレイクポイント) に適用されるディスプレイクラスには、ブレークポイントの略語がありません。これらのクラスは min-width: 0; 以降で適用されるため、メディアクエリに縛られないからです。しかし、残りのブレークポイントにはブレークポイントの略語が含まれています。

クラス名の形式は以下の通りです。

value の種類は以下の通りです。

変数 $displays を変更して SCSS をコンパイルすれば display のプロパティ値を変更することができます。

メディアクエリは、ブレークポイントに影響を与えます。例えば、.d-lg-nonelg, xl, xxl すべてに display: none; を設定します。

Examples

d-inline
d-inline
<div class="d-inline p-2 bg-primary text-white">d-inline</div>
<div class="d-inline p-2 bg-dark text-white">d-inline</div>
d-block d-block
<span class="d-block p-2 bg-primary text-white">d-block</span>
<span class="d-block p-2 bg-dark text-white">d-block</span>

Hiding elements

モバイルフレンドリーな開発を迅速に行うには、レスポンシブ表示クラスを使用して、デバイスごとに要素を表示・非表示にします。同じサイトの完全に異なるバージョンを作成するのを避け、代わりに各スクリーンサイズに応じて要素をレスポンシブに非表示にします。

要素を非表示にするには、.d-none または .d-{sm,md,lg,xl,xxl}-none をターゲットの画面サイズに合わせて使用します。

例えば、.d-none .d-md-block .d-xl-none .d-xxl-none は、中・大型デバイスを除くすべての画面サイズで要素を非表示にします。

Screen size Class
Hidden on all .d-none
Hidden only on xs .d-none .d-sm-block
Hidden only on sm .d-sm-none .d-md-block
Hidden only on md .d-md-none .d-lg-block
Hidden only on lg .d-lg-none .d-xl-block
Hidden only on xl .d-xl-none
Hidden only on xxl .d-xxl-none
Visible on all .d-block
Visible only on xs .d-block .d-sm-none
Visible only on sm .d-none .d-sm-block .d-md-none
Visible only on md .d-none .d-md-block .d-lg-none
Visible only on lg .d-none .d-lg-block .d-xl-none
Visible only on xl .d-none .d-xl-block .d-xxl-none
Visible only on xxl .d-none .d-xxl-block
hide on lg and wider screens
hide on screens smaller than lg
<div class="d-lg-none">hide on lg and wider screens</div>
<div class="d-none d-lg-block">hide on screens smaller than lg</div>

Display in print

印刷の場合は、印刷クラスを使って要素の display の値を変更します。レスポンシブな .d-* ユーティリティと同じ display 値をサポートしています。

印刷クラスとディスプレイクラスは組み合わせ可能です。

Screen Only (Hide on print only)
Print Only (Hide on screen only)
Hide up to large on screen, but always show on print
<div class="d-print-none">Screen Only (Hide on print only)</div>
<div class="d-none d-print-block">Print Only (Hide on screen only)</div>
<div class="d-none d-lg-block d-print-block">Hide up to large on screen, but always show on print</div>