Skip to main content Skip to docs navigation Bootstrap 4 (安定版) はこちらです

Containers (コンテナ)

コンテナは、Bootstrap 基本的なレイアウト要素であり、特定のデバイスやビューポート内のコンテンツに適切な余白を与え整列させることができます。

目次

How they work

コンテナは、Bootstrap の基本的なレイアウト要素であり、デフォルトのグリッドシステムを使用する際には必須です。コンテナは内部にコンテンツを格納したり、適切な余白を与えたり(場合によっては)中央に配置したりするために使われます。コンテナはネストできますが、ほとんどのレイアウトではネストする必要はありません。

Bootstrapには3つの異なるコンテナがあります。

下の表は、各コンテナの max-width と元の .container および .container-fluid との比較を各ブレークポイントで示しています。

これらを実際に見て比較するには、グリッドの例を参照してください。

Extra small
<576px
Small
≥576px
Medium
≥768px
Large
≥992px
X-Large
≥1200px
XX-Large
≥1400px
.container 100% 540px 720px 960px 1140px 1320px
.container-sm 100% 540px 720px 960px 1140px 1320px
.container-md 100% 100% 720px 960px 1140px 1320px
.container-lg 100% 100% 100% 960px 1140px 1320px
.container-xl 100% 100% 100% 100% 1140px 1320px
.container-xxl 100% 100% 100% 100% 100% 1320px
.container-fluid 100% 100% 100% 100% 100% 100%

Default container

デフォルトの .container 固定幅でレスポンシブなコンテナです。

<div class="container">
  <!-- Content here -->
</div>

Responsive containers

レスポンシブコンテナは、指定したブレークポイントに到達するまで 100% の幅を持つクラスを指定することができます。例えば、.container-smsm ブレークポイントに到達するまで 100% の幅で始まり、mdlgxlxxl とスケールアップしていきます。

<div class="container-sm">100% wide until small breakpoint</div>
<div class="container-md">100% wide until medium breakpoint</div>
<div class="container-lg">100% wide until large breakpoint</div>
<div class="container-xl">100% wide until extra large breakpoint</div>
<div class="container-xxl">100% wide until extra extra large breakpoint</div>

Fluid containers

ビューポート幅のコンテナを使うには .container-fluid を用いてください。

<div class="container-fluid">
  ...
</div>

Sass

上記のように、Bootstrap は望むレイアウトを実現するクラスを生成できます。これらのクラスは Sass マップ(_variables.scss にあります)を修正することによってカスタマイズできます。

$container-max-widths: (
  sm: 540px,
  md: 720px,
  lg: 960px,
  xl: 1140px,
  xxl: 1320px
);

を変更することで、これらのクラスをカスタマイズできます。

Sass をカスタマイズするだけでなく、Sass mixin を使って独自のコンテナも作成できます。

// Source mixin
@mixin make-container($padding-x: $container-padding-x) {
  width: 100%;
  padding-right: $padding-x;
  padding-left: $padding-x;
  margin-right: auto;
  margin-left: auto;
}

// Usage
.custom-container {
  @include make-container();
}

Sass マップや変数などの詳細は、[グリッドドキュメントのSassセクション](/docs/5.0/layout/grid/#sass)を参照してください。