Skip to main content Skip to docs navigation Bootstrap 4 (安定版) はこちらです

Embeds (埋め込み)

レスポンシブな動画やスライドショーの埋め込みを親の幅に基づいて作成し、あらゆるデバイスでスケールする固有の比率を作成します。

目次

About

ルールは <iframe>, <embed>, <video>, <object> 要素に直接適用されます。 オプションで、他の属性のスタイリングを一致させたい場合は明示的な子孫クラス .embed-responsive-item を使用します。

Pro-Tip! <iframe> の中に frameborder="0" を含める必要はありません。reboot で上書きします。.

Example

親要素に .embed-responsive とアスペクト比を指定して、<iframe> のような埋め込みをラップします。.embed-responsive-item は厳密には必須ではありませんが、推奨します。

<div class="embed-responsive embed-responsive-16by9">
  <iframe class="embed-responsive-item" src="https://www.youtube.com/embed/zpOULjyy-n8?rel=0" title="YouTube video" allowfullscreen></iframe>
</div>

Aspect ratios

アスペクト比は修飾クラスでカスタマイズできます。デフォルトでは以下の比率クラスが用意されています。

<!-- 21:9 aspect ratio -->
<div class="embed-responsive embed-responsive-21by9">
  <iframe class="embed-responsive-item" src="..."></iframe>
</div>

<!-- 16:9 aspect ratio -->
<div class="embed-responsive embed-responsive-16by9">
  <iframe class="embed-responsive-item" src="..."></iframe>
</div>

<!-- 4:3 aspect ratio -->
<div class="embed-responsive embed-responsive-4by3">
  <iframe class="embed-responsive-item" src="..."></iframe>
</div>

<!-- 1:1 aspect ratio -->
<div class="embed-responsive embed-responsive-1by1">
  <iframe class="embed-responsive-item" src="..."></iframe>
</div>

_variables.scss の中で、使用するアスペクト比を変更することができます。以下に $embed-responsive-aspect-ratios マップの例を示します。

$embed-responsive-aspect-ratios: (
  "21by9": (
    x: 21,
    y: 9
  ),
  "16by9": (
    x: 16,
    y: 9
  ),
  "4by3": (
    x: 4,
    y: 3
  ),
  "1by1": (
    x: 1,
    y: 1
  )
);